覇道は我にあり

f:id:nakajima42753:20181231154725p:image

 

朱雀へのガードが落ちるが、Zに対してはゼノシャークが自由に動け、メモリーで確実なゲームプランを作成できる。

ウキドゥを採用するとブレインストームからウキドゥで任意のトリガーを埋めることが可能であり、メモリーでサーチ出来るため1枚採用は大いにあり。ゼノシャークを採用している関係上、デスザークを処理するためにメガゴーワンチュリスを採用するべきかもしれない。

 

f:id:nakajima42753:20181231153034p:image

ゼノシャーク不採用。吸い込む採用なのでスザク棒立ちなら壊すことが出来る。

モリー型より少しだけ受けが強い。

 

プレイの総評。

先行の場合マナチャージでプレイ方針を決めなければいけないため、チャージは慎重に。

優先度

Sクロック

A末法、吸い込む

B被ったカード

Cクラッシュ覇道(ミノミーがある場合は置かない)

Dゴルドー

ゴゴゴはハンドの余りがある限り2枚は持って良い。(ブレインストームで出せるため)

 


各対面

このデッキはZを最大母数と予想し、次点で赤青、朱雀といったメタゲームを予想して構築した。

 


Z

 

プレイ方針︰ちょっと貯める


基本的に刻まず、手札の減らない2コストウィニーを展開していき、覇道の1発のバリューを上げることに徹する。

理想の動きは5ターン目までに2コストを2体揃えてターンを迎え、ブレインストーム→上から末法覇道の順で置き、余りの3マナでフレア覇道して最速で覇道をチェインさせる。覇道を出したら基本的に2コストウィニーから殴るが、相手の盾が2枚の場合にはその限りではない。

手札が枯渇気味な場合は吸い込むでミノミーやハナコを場からバウンスし、リソースの拡張を行う。

ゲームが伸びてしまった場合はクロックを踏み、末法で覇道をめくらないと勝てないゲームになってしまうので吸い込むやミノミーを多発するゲームを想起し山を覚えてよくと勝てる確率が少し上がる。

後手でカマスフレア覇道ゴゴゴが出来るのであればプレイヤーに突っ込んでも良い(相手の表の盾が1枚以下の時のみ)

 


朱雀


プレイ方針︰基本全ツ


先手後手関係なくミノミーをプレイしたい。後手の場合にはミノミーで回収してしまうとフレア覇道をしてもゴゴゴが出せないが、ゴルドーザゴゴゴとキープ出来ているならボードがなくてもジャスキル、ミノミーが残っていればコップケアも出来ているので積極的に回収を狙う。

フレア覇道した後はミノミーからは殴らず、覇道から殴る。

こちらが先手で3t朱雀を決められてしまった場合は吸い込むでバウンスすれば絶対に朱雀が立たないのでその返しのターンに覇道で押し切る。

こちら後手で3t朱雀された場合だと吸い込むでバウンスしても出てきてしまうため、手札を整えてからフレア覇道でターンを貰い、返しのターンに押しこむのを狙う。

 


赤青ミラー


プレイ方針︰先盾全割からのクロック


運ではあるが、お互いにカマスを置いた場合にゴゴゴを複数回出せる方に分があるため、ミノミーやカマスを積極的にプレイしていく。ミノミーは拾わないことも出来るので手札を無理やり減らせることもポイント。

先手はミノミー、後手はカマスからプレイしていく。

先手の場合はこちらははフレア覇道のプランを切る。

こちらの先のミノミーに対して相手がカマスを合わせてきた場合、ミノミーが殴ると相手のカマスが寝るので返しにゴルドーザで踏むことによってフレアを打てるときがある。踏んでこない場合は盾が2枚多く削れるので結局有利なままゲームを進めることが出来る。

 

 

インパクト系(ロイザー、トリーヴァ)

プレイ方針︰刻みまくる


ゲームをあまり伸ばしたくない対面。

2コストの刻みで盾を減らしておき、トリガーの確率を下げることを意識。チェンジザが出てきたらマストで破壊したい。

逆瀧を打たれるとアタックが止まるため、覇道を絡めて無理やり殴りに行く。